仕事・恋愛・結婚・人間関係・離婚・不倫で悩んでいるあなた。あなたの悩み・迷い・不安が瞬時に解決し、心身ともにいやされる「三島占い マザーズラブ」の「占い&ヒーリング&セラピー」で、愛と希望に満ちた幸せな人生をスタートしませんか?

お気軽にお問合せください
055-960-9212

  • 桜・桜・桜

    2017年4月5日

    マザーズラブの近くに「門池(かどいけ)」と呼ばれる小さな人工池があります。

    今から30年ほど前、その門池の池沿いに桜の木が植えられ、年々大きくなる姿を楽しみに、毎年春を待っていました。

    30年の時が経ち今では道沿いに、それはそれは見事な「桜」」が咲き誇り、艶やかな桜に誘われて、多くの人たちが花を愛でに訪れています。

    今日はポカポカ陽気の中、気の早いお花見客が、3分咲きになった桜の下で楽しそうにお弁当を広げ、賑やかに「桜」を楽しんでいました。


    桜と言えば思い出すのがあの光景。

    場所は何本もの桜が咲き乱れる大病院の庭園。

    病に侵され余命いくばくもない患者たちが、「最後の桜」を慈しむように眺めている。


    「願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの 望月のころ」


    桜の花によって死に誘われるこころを、西行法師がよんだ歌。


    車いすに載せられたまま、天を仰いでいる患者たち。
    今生の別れにと、わずかに残された命の中で、どんな言葉を桜と交わしているのだろうか。

    そして正に、西行が詠んだ歌そのものの世界にマッチするかのような光景に、息が止まるほどの衝撃を受け、ただただ涙する私。


    そんなはかなくも美しい場面を思い起こしながら、目前で繰り広げられているにぎやかなお花見の様子と相まって、「静と動」そして「生と死」というものの表裏一体の不思議さを感じずにはいられませんでした。


    天気が良ければこの週末には、たくさんの花見客でにぎわう門池。

    さあ、私も一足早く「お花見」と行きますか。

    西行の歌、そしてあの時のはかなくも美しかった光景を思い浮かべながら。




    —————————————–
    沼津・三島・静岡の
    働く女性のためのお悩み解決相談室
    占い&ヒーリング マザーズラブ
    代表:堂本あかり
    ————————————-
    ご予約は電話又はホームページの予約フォームから
    ————————————
    ◆電話:090-3832-3862
    ◆住所:静岡県沼津市岡一色121-4
    ◆営業日:火曜日~日曜日(月曜:祝祭日は休み)
    ・毎週金曜日⇒えにし屋(沼津アントレ)に出演
    ・第三土曜日⇒えにし屋(サントムーン柿田川)に出演
    ◆営業時間:10時~12時 14時~20時
    ◆HP:https://www.hahanoai.com/
    ?Gg[???ubN}[N??